自分探しの旅を続けるアクティブな福大生を紹介します

今回紹介する學生は、経済學部産業経済學科3年次生(原田ゼミ)の里村亮輔さんです。里村さんは大學に入學後、人との出會いやさまざまな経験を通して「將來どんな自分でありたいか」を真剣に考えるようになりました。多くの人と話していろいろな考え方?価値観を知りたいと思い、ヒッチハイクの旅、學生団體での活動、フィリピンへの短期留學にチャレンジ。2019年1月には內閣府の青年國際交流事業「世界青年の船」に參加する、アクティブな福大生です。

00_line-top.gif

■ 人との出會い、人脈の大切さ
大學に入學してすぐ、指定寮やサークル、アルバイトで気の合う仲間と出會い、楽しい學生生活がスタートした。初めて経験することも多く、あっという間に過ぎていく毎日。將來を考えるようになったのは、アルバイトで“働く”ことを意識し始めてから。どんな視點を持って將來やりたい仕事を見つけていくか―。その答えを探すためにいろいろな人と話してみようと思い、先輩の勧めもあって、東京―福岡間をヒッチハイクで往復した。2年次の夏休み、人生のターニングポイントになると覚悟して臨んだ旅。それまで接したことのなかった多くの社會人から話を聞いたことで、「人を笑顔にすることが、自分の喜びになる」と気が付いた。そこから、やってみようと思ったことは挑戦するようになり、大學生向けのキャリア系イベントを企畫する學生団體「九州未來フェスティバル」で活動したり、遊園地でのアルバイトを始めたり、経済學部獨自の海外研修プログラムに參加したりして、人脈をどんどん広げていった。海外研修ではフィリピンに1カ月滯在し、外國人との交流を初めて経験。英語力を高めつつ、話す中身が大事であること、話すことでお互いを理解できることを學んだ。
 

■「世界青年の船」への挑戦
そんな時、母に勧められた內閣府の事業「世界青年の船」への參加。日本青年120人、10カ國から集まる外國青年120人が、1カ月間生活を共にしながら多國間交流活動等を行う。思い切って応募し、書類審査や日本語?英語による面接、筆記試験等を経て合格した。「世界青年の船」は1967年から行われており、これまでのOB?OGとの交流活動も活発。日本だけでなく、世界へとネットワークを広げられることに大きな魅力を感じている。日本?世界各國から集まる仲間たちと夢を語り合い、これからの社會を共に考えていきたい。出発はもうすぐだ。
 

■ 後悔しない人生を
大學での3年間、多くの友人、尊敬できる先輩、ゼミの原田先生をはじめいろいろなことを教えてくれる先生方と出會えたことで、自分と真に向き合い、成長するチャンスをつかむことができた。目的意識を持って行動することが、充実した4年間を過ごすことへとつながる。大學生になれば、學內外で活動して視野を広げ、自分が面白そうだと思ったことにはどんどん挑戦してほしいと思う。私は周りに応援してもらったおかげで今の自分があり、だからこそ誰かを応援したい気持ちが強い。恩は人から人へと引き継がれており、自分から行動を起こせば応援してくれる人にきっと出會えるはず。「後悔しない人生」をモットーに、さらにステップアップしていきたい。  

「もっとたくさんの福大生と話してみたい」と語る里村さん

00_line-top.gif
 

小バナー.png