〔學生取材コラム〕『學園通信』秋號(第63號)「#グーミーズコレクション」 座談會を振り返って

広報誌『福岡大學學園通信』夏號(第62號)から、學生広報サポーター(グーミーズ)のメンバーが編集するコーナー「#グーミーズコレクション」が始まりました。

秋號では、「戀愛で人は成長するのか?」をテーマに人文學部文化學科準教授の宮野真生子先生とグーミーズが座談會を実施しました。

今回は、座談會メンバーの一人である木戸綾香さん(商學部経営學科2年次生)が座談會を振り返ります。

00_line-top.gif

『學園通信』夏號(第62號)より私たちグーミーズが誌面を制作する取り組みとして「#グーミーズコレクション」の連載が始まりました!

第2回となる今回は「戀愛で人間は成長するのか?」をテーマに人文學部文化學科の宮野真生子先生をお迎えして座談會を行いました。

この座談會は、グーミーズが福大生116人を対象にしたアンケート結果を基に行われました。アンケートでは、戀人がいる人は全體の1/4、戀人はいないけれど好きな人がいるという割合も全體の1/4程度にとどまる結果となりました。この結果から、予想していたよりも戀愛をしていないこと、そして戀人がいなくてもあまり気にしない人が多いことを知りました。その一方で、戀人がいる學生は、交際相手と會う機會は特別多くないものの、毎日連絡を取っている人が85%もいたことから、戀愛関係がうまくいくよう、相手とのこまめなコミュニケーションを大切に考えている人が多いことも伺えました。このような傾向の背景には、攜帯電話の普及などによってコミュニケーションが取りやすくなったことが大きく影響していると、宮野先生は話されました。

また、今回の座談會のメインテーマである「戀愛で人間は成長するのか?」について、宮野先生から興味深い話をたくさん伺うことができました。例えば、「戀愛をすることで相手を理解し、思いやる心が身に付くようになる」ということ。戀愛関係は、自分の長所も短所も含め、ありのままの自分と相手との付き合いであり、その関係を上手に築いていくためには、時として自分と違う考えを受け入れる必要が出てきます。また、何をすれば喜んでもらえ、何をすれば傷つけてしまうのかをよく考えるようになり、相手を思いやる言動を自然と心掛けるようになるそうです。これらの點で、戀愛が人間的な成長を促すというものでした。

今回の座談會を通じて、戀愛を普段考えない視點から捉えることができ、すごく新鮮で楽しかったです!ぜひ読んでみてください。

『學園通信』冬號(第64號)の「#グーミーズコレクション」もお楽しみに!

 

【學生広報サポーター(グーミーズ)?木戸 綾香(商學部経営學科2年次生)】
00_line-top.gif
 

小バナー.png