〔學生取材コラム〕『學園通信』夏號(第62號)「#グーミーズコレクション」 編集の裏側(ティーチングアシスタント編)

広報誌『福岡大學學園通信』夏號(第62號)から、學生広報サポーター(グーミーズ)のメンバーが編集するコーナー「#グーミーズコレクション」が始まりました。

4回にわたって、誌面の編集を行った4人の學生によるリレーコラムを掲載します。

第2回は、木戸彩香さん(商學部経営學科2年次生)による、ティーチングアシスタント(以下、TA)の取材を行った記事です。

00_line-top.gif

?#グーミーズコレクション?取材秘話企畫コラム、全4回でお屆けしています!第2回である今回は學內アルバイトのTAについて裏話などをお屆けします。

TAの取材は原悠葵さん(理學研究科化學専攻博士課程前期2年次生)に協力していただきました。TAとは授業等の手助けを行う大學院生のこと。理學部の場合は、実験のアシスタントや指導、卒論のサポートを行っています。

原さんは、大學院に進學したとき、配付された資料がきっかけでTAをやってみようと思ったそうです。大學院1年次生の時は、學部生の時とは違って実験をサポートする立場になったため、裝置の立ち上げ方や扱い方など、覚えることが多く大変だったと話す原さん。私はこの話を聞いて、「大學院2年次生になって手順や過程が分かったからこそ、學生に結果ではなく仕組みや目的を理解してほしいという思いが生まれ、質問の意図を考えたり、コミュニケーションを密に取ったりしようという工夫につながっているのだろう」と感じました。

また、取材時の撮影で寫真の構図やピントの合わせ方が難しく戸惑っていたのですが、その間に原さんが誌面に載せる実験器具を準備してくれるなど、積極的に取材に協力してくださいました。今回はそんな原さんの溫かさにも助けられた取材になったと思います。

『學園通信』には簡単な実験の様子だったり、學內アルバイトの良いところややりがいについて掲載していますので、ぜひご覧ください!

次回はLanguage Plazaについての見どころや裏話を紹介します。皆さんお楽しみに!!以上、グーミーズの木戸がお屆けしました!

取材用に実験を行ってくれた原さん

取材の合間に器具についても教えてもらいました

 

【學生広報サポーター(グーミーズ)?木戸 彩香さん(商學部経営學科2年次生)】
00_line-top.gif
 

小バナー.png