〔學生取材コラム〕平成30年度「學園祭」開催-醫學祭編-

西日本最大級の規模を誇る福岡大學の學園祭(七隈祭?雅祭〔商學部第二部〕?醫學祭〔醫學部〕)が、11月2日(金)から11月4日(日)に開催されます。

福岡大學の學園祭は三つあり、それぞれに學園祭の準備や當日の運営を行う実行委員會が組織されます。各委員長のもと長期間にわたって準備が行われ、學園祭開催まで殘りわずかとなった今、準備は大詰めを迎えています。

そこで、學生広報サポーター(グーミーズ)が各委員長に學園祭の魅力等について話を聞きました。

第2回は、醫學祭実行委員長である橋川武史さん(醫學部醫學科4學年)に吉川ななほさん(人文學部日本語日本文學科4年次生)がインタビューした記事です。

00_line-top.gif

■醫學部みんなでつくる醫學祭

実行委員長の橋川武史さん

“現代の睡眠について考える~QOS:Quality Of Sleep~”。これが今年の醫學祭のテーマである。「私たちは、人生の大半を睡眠時間に費やしています。だからこそ、多くの人に睡眠を大切なものと感じてもらうきっかけにしてほしい」そう話してくれたのは、醫學祭実行委員長の橋川武史さん(醫學部醫學科4學年)。

毎年4學年の學生が中心となって開催する醫學祭。橋川さんは、4學年の學生同士がより良い関係を築くことができるのなら…と実行委員長を引き受けた。今年は醫學科だけではなく、看護學科の學生にも協力を依頼し、共に醫學祭の準備をしている。學年の団結力はもちろん、學年や學科を超えた醫學部としての一體感も大切にしていると話してくれた。例えば、講演會で用いるデータは、実際に醫學部の學生を対象としたアンケートの結果。「醫學部の學生自身も自分の問題として考えることができるし、來場者にもリアルな現狀を伝えることができるだろう」と橋川さんは話す。

睡眠をテーマとした講演會のほかにも、臓器展示や聴診器?血圧計を用いた醫學部生體験も見どころの一つである。毎年、たくさんの人が訪れ、反響も大きいプログラムだそうだ。「醫學部に興味を持ってもらい醫師を目指す人を増やしたい、睡眠の大切さを啓発したい」と、大きな目的をもって醫學祭をつくり上げる橋川さんと実行委員の皆さん。七隈祭や雅祭とともに盛り上げるためにスタンプラリーなども行う予定だ。ぜひ、多くのイベントや企畫に足を運び、學園祭全てを楽しんでほしい。

【學生広報サポーター(グーミーズ)?吉川 ななほさん(人文學部日本語日本文學科4年次生)】
01_line-under.gif

<過去の學園祭の様子はこちら>

小バナー.png